総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と幼稚園

プロが選んだ防犯&防災あります。TSSP.jp


子供の防犯「幼稚園」

幼稚園入園情報〈2010〉

学校や塾など子供が通う施設で起こる犯罪が増加しています。その犯罪は窃盗、わいせつ行為に始まり凶悪なものに至るまで留まるところを知りません。
そこで今、学校や塾では防犯が大きな課題となっています。またそういった流れを受けて、幼い子供が通う幼稚園でも防犯を強化する動きが見られます。

防犯絵本 まもる! (こども安全えほんシリーズ)

防犯絵本 まもる! (こども安全えほんシリーズ)

  • 作者: 国崎 信江
  • 出版社/メーカー: 学習研究社
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 大型本




いかのおすし―みんなのあんぜんあいことば (ぼうはんしかけえほんシリーズ)

続きを読む
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 11:51 | Comment(0) | 幼稚園の対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

親子のコミュニケーション

家族を守る。TSSP.jp Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

親子のコミュニケーション
防犯対策 セキュリティーを考える

子供の防犯では親子のコミュニケーションがとても大切です。日頃から子供の話に耳を傾け、何でも話し合える関係を築いておくことは、万が一子供が犯罪被害に遭ってしまった時にも子供の精神的な支えとなります。

幼い子どもを犯罪から守る!―命をつなぐ防犯教育

幼い子どもを犯罪から守る!―命をつなぐ防犯教育

  • 作者: 岡本 拡子
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 単行本




学校や地域で行われている防犯教育とは別に、家庭で行う防犯教育は親子のコミュニケーションに効果的です。親子で通学路を歩いて危険な場所を確認し合い、危険な目に遭いそうになった時の行動を教えて実践したことは、大きくなっても子供の心に残るでしょう。
また親子間によい関係が築かれていれば、家庭で決めた約束事を子供が安易に破ることはないものです。
また、犯罪被害に遭った場合にも小中学生になると親に話さない子供がいます。窃盗やわいせつ行為などは表面に出にくい上に親に話にくい内容です。また被害に精神的なショックを受けて声に出せないでいることもあります。
親に自分の行動を怒られるのではないかと恐れて話さない場合もあります。もしかしたら犯罪者に「親に言ってはいけない」と脅迫されている可能性もあります。
そんな時に親が異変に気付かなければ、子供が一人で苦しみ、泣き寝入りに終わってしまいます。日頃から親子のコミュニケーションを大切にしていれば、例え子供が犯罪被害に遭っても自分で立ち直る原動力となるのです。
子供の様子がいつもと違う時、親に求められる態度は優しく声を掛けてあげることです。そして何らかの犯罪被害に遭ったのならば早めに心理カウンセラーに相談し、深刻な精神障害になることを防ぐことが大切です。

名探偵コナン防犯テクニック (キッズ・ポケット・ブックス)

名探偵コナン防犯テクニック (キッズ・ポケット・ブックス)

  • 作者: 青山 剛昌
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/05
  • メディア: 単行本



posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 13:38 | Comment(0) | 親子のコミュニケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯とエレベーター

プロが選んだ防犯&防災あります。TSSP.jp  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

子供の防犯とエレベーター
防犯対策 セキュリティーを考える

近年高層マンションが増えています。自宅に帰るために毎日エレベーターに乗るという子供も珍しくありません。しかしエレベーターは犯罪に遭いやすい危険な場所です。
それはエレベーターが密室状態で、不審者と2人きりになる可能性があるからです。
今までにもエレベーターの中で子供が被害に遭う犯罪が多数報告され、その手口は扉が閉まる直前にエレベーターに乗り込み、子どもの口をふさいで抱きつき、わいせつ行為をするというものが多く見られます。
防犯のために、昼間でも子供だけでエレベーターに乗せることは避けた方がよいでしょう。
子供の体力にもよりますが、5、6階まではできるかぎり階段を利用させるのも防犯の一つです。
ただしひとけのない薄暗い階段などは危険な場合もあるため注意が必要です。
やむを得ずに子供だけで乗せる場合には、乗り込む前に十分に周囲の安全を確認するようにしましょう。
そして知らない人と2人だけにならないように注意し、2人きりになったらすぐに降りるようにします。
また万が一に備えて日頃から各階ボタンの近くに壁を背にして乗るように習慣つけおくとよいでしょう。
最近のマンションではオートロックシステムが普及し、安全性が向上したように思われています。
しかしオートロックシステムでも実は簡単にマンションに侵入することが可能なので、住民も油断している場合が多く、最近では被害が増加しています。
子供が頻繁に利用するエレベーターには防犯カメラを取り付けるなど、エレベーターの管理体制を見直すことが効果的な防犯といえるでしょう。

日本ロックサービス アームロック ドア用防犯対策品 DS-AL-1U

日本ロックサービス アームロック ドア用防犯対策品 DS-AL-1U

  • 出版社/メーカー: 日本ロックサービス
  • メディア: ホーム&キッチン



 
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 09:54 | Comment(0) | エレベーターの中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯と鍵

子供の防犯と鍵
防犯対策 セキュリティーを考える

ノムラテック ウインドロック サッシ用補助錠 ブロンズ N-1040

ノムラテック ウインドロック サッシ用補助錠 ブロンズ N-1040

  • 出版社/メーカー: ノムラテック
  • メディア: ホーム&キッチン




子供を狙った犯罪が増加している現在、登下校時や外出時の防犯を重視し、自宅にいる時は安心と考えるのは間違いです。
玄関や窓からちょっとした隙を狙って不審者が侵入してくる可能性があります。
そのため特に窓にはしっかりと防犯対策を行うことが求められます。
実際に窓やベランダからの侵入は一戸建てでも数%発生し、マンションやアパートになるとそれ以上の確率で発生しています。
2階以上や高層階の住居なら安心と考えるのは危険で、高層階でも何らかの手段でベランダに侵入される可能生があることを考えておく必要があります。
窓からの侵入で一番気をつけなければいけないのは夏場の夜です。
暑くて寝苦しいからといって窓を開けて寝ていたところを不審者に侵入され、子供がわいせつ行為を受けたという犯罪が実際に起こっています。
現在でも田舎の方では夏場に窓を開けている家庭も多くありますが、犯罪の多い街中では今や季節に関わらず戸締することは防犯の基本です。そして窓を開ける必要がある時には、外をよく確認してから開ける習慣をつけておくことが大切です。
最近では窓から侵入される犯罪に備えるため、さまざまな侵入防止グッズは発売されています。
一戸建てなら、少々費用は掛かりますが、屋外のセンサライト、防犯砂利などの侵入防止グッズなどが有効で、子供の安全のためにもぜひ取り入れたいものです。
またマンションなどでは窓の鍵をもともとついていたものに加え、補助鍵をつけダブルロックにするとより安心でしょう。

赤外線センサー内蔵 センサーライト 屋内専用 KE-103

赤外線センサー内蔵 センサーライト 屋内専用 KE-103

  • 出版社/メーカー: コンテック
  • メディア: ホーム&キッチン




posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 14:32 | Comment(0) | カギの問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯と有害サイト

子供の防犯【有害サイト】
防犯対策 セキュリティーを考える

現在、子供向けの携帯電話が各携帯電話会社から次々と発売されています。防犯のために購入する親も増え、今後さらに広がっていくことが予測されています。
そこで社会問題となっているのが有害サイトです。

携帯マスターNX4 NTTドコモ FOMA版
 有害サイトアクセス制限サービス

各社の有害サイトアクセス制限サービスとお問合せ先

子供の防犯対策≫続きを読む
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 12:32 | Comment(0) | ネットの有害サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯といいゆだな

子供の防犯と【いいゆだな】
防犯対策 セキュリティーを考える

子供が一人で留守番する時の約束事は「いい湯だな」と覚えさせると効果的です。いつも不審者に見られているつもりで慎重に行動するための約束事です。

ノムラテック カギ付サムターンガード N-2074

ノムラテック カギ付サムターンガード N-2074

  • 出版社/メーカー: ノムラテック
  • メディア: ホーム&キッチン



防犯対策≫続きはこちら
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 10:28 | Comment(0) | いいゆだな? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯カメラとホームセキュリティー





momobgyoko.JPG

防犯カメラとホームセキュリティー
防犯対策 セキュリティーを考える

昔、日本は「安全大国」と言われた程、治安が良かった物ですが、今現在の日本は犯罪が増加してきており治安もかなり悪くなってきたのではないかと思います。




仕事や旅行等で家を留守にする時、鍵をしっかりとかけるのは既にあたり前で、今は鍵をかけていてもセキュリティ面に不安がある世の中になってしまいました。
本当に悲しい事です。近年、警備会社によるセキュリティシステムも一般的に普及している様に思えますが、やはり企業や一部のマンションでしか普及していないと言うイメージがあり、一戸建ての家だとまだまだセキュリティ面に関しては浸透していないと言うイメージがあります。
しかし近年ではホームセキュリティも価格がお手頃になった事も受けて一般家庭にも段々と普及し始めて来ているのが分かっています。

個人ですぐ出来るセキュリティとして防犯カメラがありますが、防犯カメラを付けていると言うだけで、威嚇効果がありますが実際には防犯と言う意味ではそんなに効果が感じられないのが実状です。
それとは逆にホームセキュリティだとセンサーか何かを搭載しているので、留守中に異常を感知すると警備会社に連絡が入り、すぐに駆けつけてくれると言った対応をしてくれます。
ですから防犯カメラとホームセキュリティの両方を入れておくと最強の防犯対策になるのではないでしょうか。

但し、注意点もあり「ホームセキュリティを入れている」「金目の物が家にある」と言う認識をする輩もいますので、逆に空き巣や泥棒に狙われやすくなると言うリスクも出て来ますのでやり過ぎには注意する様にしましょう。

プロが選んだ防犯&防災あります。TSSP.jp


エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集





posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 12:11 | Comment(0) | 防犯ブザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯カメラを選ぶ為に!





momobgyoko.JPG

防犯カメラを選ぶ為に!
防犯対策 セキュリティーを考える

一言で防犯カメラと言っても今は本当に様々な種類の防犯カメラが出ていて、どんな種類の物を選んだらいいのか本当に迷ってしまうと思います。そこで、ちょっと一般家庭などで使われているケースについて説明してみたいと思います。

まず企業と家庭では防犯カメラの用途も違うし、規模も違うので、家庭で防犯カメラや監視カメラを導入しようとする場合にはなるべく低コストで済ませたい物だと思います。でもいくら低コストと言っても機能があまり無い物だと無意味だと思うのでせめて暗視機能位は付いている様なカメラを購入した方がいいと思います。

また、防犯カメラの映像をモニターで映すタイプとレコーダーに記録するタイプとがありますが、レコーダーが付いて映像を記録出来るとなるとかなりのコストアップになってしまう事になります。費用次第と言う事になりますが、どうせカメラを付けるなら記録機能はあった方が良いと思います。

企業で記録するなら24時間常に記録する必要があるとは思うのですが、一般家庭ではそんな必要もないと思うので、イベントレコーダーと言う人感センサーに連動しているタイプの物を選ぶと良いと思います。
防犯カメラは1台だけあれば良いと言う物ではなく、玄関に1台付けたら他の死角部分、たとえば庭とかにも付ける必要があると思うので、万全を期すなら複数台用意すれば良いと思います。また庭に設置する場合には、防水機能も付いている方が良いと思います。

また防犯カメラと言う意味合いではなく、家の中に看護者がいる場合には外から中の様子が分かるような目的で家の中にカメラを付ける物もありますので目的に応じて選んで下さい。


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集


お金がない?それは財布のせいではないですか?

<
br>
人気ブログランキングへ

posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 06:11 | Comment(0) | 防犯カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯カメラは万全の代物なのか?

防犯カメラは万全の代物なのか?
防犯対策 セキュリティー を考える

現在の日本は昔とは違い「安全大国」等とは言えない様な国になってしまいました。そこで近年活躍しているのが「防犯カメラ」なのではないかと思います。防犯カメラにはメリットももちろんありますが、デメリットもやはりありますので、防犯カメラを付けているから大丈夫と言う訳にはやっぱりいかないと思います。

罪を犯す人側から見たら防犯カメラと言う物は嫌な物でしかないのは分かりますが、だからと言って黙っている訳ではありません。犯罪者側も防犯カメラの欠点をよく理解して隙を狙おうとしているからです。

では、どんな事が防犯カメラの欠点になるのでしょうか?防犯カメラが何処に設置されているのか思い出してみて下さい。大抵の場合は天井など、人の目線より上の所に設置されている場合が多いです。上から下を撮ると云うことは人間を上から見下ろして撮っている訳ですから、もしも顔をうつむき加減で入ってしまった場合には顔が映る事は殆ど無いと思います。
また、真正面にカメラを付ける所もあまり無い為に横から映す映像が多いと言う事になります。
また、マフラーやマスクなどで顔を隠してしまうと当然ですが、顔が分からないので防犯カメラを設置する意味が無くなります。

また、鮮明な映像を期待してしまいますが夜だといくら暗視機能が付いていたとしてもあまり鮮明さは期待出来なくなります。

こう考えてみるとやはり高性能なカメラを求めてしまう様になってしまいますよね。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 09:05 | Comment(0) | 防犯カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地震大国ニッポン

地震対策 防犯対策 セキュリティー
地震大国ニッポン

地震とは世界各国に起こるわけではありません。
地震は断層運動により起こります。

発生のメカニズムは具体的には、3パターン。
プレートとプレートの境界線でプレートの端が跳ね上がります。
これにより地震が発生する場合。
またプレート内部で発生する場合。
内陸部での活断層で発生する場合があります。

内陸部での活断層の発生による場合について。
地表面に近いためマグニチュードが小さくても大きな被害を受けることがあります。
十分に注意が必要です。

プレートは海面下にあります。
ですからプレート上にある陸地、つまり国において発生する可能性があるのです。

地震大国と言われる日本は、環太平洋地震地帯で、海面下には多くのプレートが分布しています。
よって日本では多くの地震、大きな地震が発生するのです。これが、日本が地震大国と言われる由縁です。

地震のエネルギーの大きさはマグニチュードで示されます。
震度はある地点での地震動の大きさを示すものです。
ある地点なので震源地からの距離などにより異なります。
マグニチュードが大きいほど、震度も大きくなります。

地震大国でもある日本は木造家屋や建築物が多く存在します。
ですから、地震発生時において、建物の倒壊や火災発生など多くの危険を伴うのです。
地震の際には、倒れてきたタンスや食器棚などの家具の下敷きになることもあります。
また割れたガラスや食器を踏んで怪我をすることも。
これらの危険を少しでも回避し、地震の際に安全に避難ができるように防災対策をしましょう。

同時に、緊急用に普段から防災用品を備蓄管理しましょう。
緊急の際持ち出せる場所に保管しておきましょう。




posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 05:55 | Comment(0) | 地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。