総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

防犯カメラとホームセキュリティー





momobgyoko.JPG

防犯カメラとホームセキュリティー
防犯対策 セキュリティーを考える

昔、日本は「安全大国」と言われた程、治安が良かった物ですが、今現在の日本は犯罪が増加してきており治安もかなり悪くなってきたのではないかと思います。




仕事や旅行等で家を留守にする時、鍵をしっかりとかけるのは既にあたり前で、今は鍵をかけていてもセキュリティ面に不安がある世の中になってしまいました。
本当に悲しい事です。近年、警備会社によるセキュリティシステムも一般的に普及している様に思えますが、やはり企業や一部のマンションでしか普及していないと言うイメージがあり、一戸建ての家だとまだまだセキュリティ面に関しては浸透していないと言うイメージがあります。
しかし近年ではホームセキュリティも価格がお手頃になった事も受けて一般家庭にも段々と普及し始めて来ているのが分かっています。

個人ですぐ出来るセキュリティとして防犯カメラがありますが、防犯カメラを付けていると言うだけで、威嚇効果がありますが実際には防犯と言う意味ではそんなに効果が感じられないのが実状です。
それとは逆にホームセキュリティだとセンサーか何かを搭載しているので、留守中に異常を感知すると警備会社に連絡が入り、すぐに駆けつけてくれると言った対応をしてくれます。
ですから防犯カメラとホームセキュリティの両方を入れておくと最強の防犯対策になるのではないでしょうか。

但し、注意点もあり「ホームセキュリティを入れている」「金目の物が家にある」と言う認識をする輩もいますので、逆に空き巣や泥棒に狙われやすくなると言うリスクも出て来ますのでやり過ぎには注意する様にしましょう。

プロが選んだ防犯&防災あります。TSSP.jp


エコポイント制度スタート!家電品のあまりの安さにテレビ、雑誌の取材殺到!
激安!家電のタンタンショップは
こちら!


携帯電話と最新デジタルガジェットセット


【楽天トラベル】あっつい夏がやってきた!夏の旅行特集





posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 12:11 | Comment(0) | 防犯ブザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯と携帯電話

防犯対策 セキュリティを考える
子供の防犯と携帯電話

防犯のために子供に携帯電話を持たせる親が急増しています。ある調査では小学生の5人に1人が携帯電話を持ち、高学年に上がるほどその数は増えるという結果が出ています。
その割合は小学5年生では3割、6年生では4割弱の子供が携帯電話を持っているということです。
ここ数年、子供の防犯を目的とした携帯電話が競って開発されています。
子供用の携帯電話は防犯機能として防犯ブザーやGPS機能などが搭載されているのが一般的です。子供の携帯電話.jpg
 GPS機能とは人工衛星からの電波によって、緊急時に子どもの居場所をメールや音声通知で知らせる機能です。また子供の携帯電話の電源が切れた時、画像や位置情報を親の携帯電話へ送信するなど高度な機能が搭載されているものもあります。
さらに防犯ランプを点滅して周りの人に異常を知らせ、使いすぎやメールを制限するなどの機能も向上しています。
携帯電話が防犯に活用される一方で、子供が携帯電話をインターネット端末として使用し、有害サイトへアクセスする危険性も指摘されています。実際にこれまでも有害サイトへのアクセスが思わぬ被害を招く事態が起こっています。そのため子供用の携帯電話では有害サイトへのアクセスを制限する機能も人気があります。
子供に携帯電話を持たせる時には携帯電話の危険性について親がしっかり教えることが大切です。そして家庭でルールを決めて必ず守らせるようにします。ルールを守れば携帯電話は有効な防犯グッズであり、今後も子供の安全を守るアイテムとしてますます普及していくでしょう。

高校生プロゴルファー「石川遼選手」も使っていた【9年間】「月刊ポピー」


posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 09:48 | Comment(0) | 防犯ブザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯対策と防犯ブザー

子供の防犯対策
子供の防犯対策と防犯ブザー




子供の防犯対策として防犯ブザーを持たせる方法があります。防犯ブザーとはストラップを引っぱるなどの簡単な操作によって大音量を発信する小さな装置です。痴漢や不審者が近づいた時に危険を周囲の人に知らせ、相手を驚かせて退散させることを狙いとしています。
かつて防犯ブザーといえば女性の夜道の一人歩きには必需品とされていたものです。子供を狙った犯罪が増加し、子供の防犯が重要な課題になっている現在、簡単な操作で比較的高い効果が期待できる防犯ブザーが子供の必須アイテムとなりつつあります。また防犯対策として子供に配布している小中学校も増えています。
防犯ブザーの需要が高まるとともに、販売される防犯ブザーも多様化しています。シンプルなデザインのものから人気キャラクターのもの、ライト付きやゲーム付き、また万歩計がついている多機能なものまで販売されています。
子供の防犯ブザーを購入する際には機能やデザインにとらわれず、防犯ブザーの目的を優先することが大切です。それにはまず十分な音量であるかどうかを確認することです。市販のものには実際に鳴らすと音が小さかったり、携帯電話の音色と似ていたりするものがあります。購入する際に実際に鳴らして確認するとよいでしょう。
日本では国の防犯対策の一つとして防犯ブザーの性能基準を設定しています。
保護者は子供が日ごろ防犯ブザーをおもちゃ代りに鳴らさないように教育をし、いざという時に効果を発揮できるように電池の消耗や故障にも注意しておくことが大切です。


ハート型防犯ブザー


posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 16:29 | Comment(0) | 防犯ブザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯と防犯ブザー

子供の防犯対策として防犯ブザーを持たせる方法があります。防犯ブザーとはストラップを引っぱるなどの簡単な操作によって大音量を発信する小さな装置です。痴漢や不審者が近づいた時に危険を周囲の人に知らせ、相手を驚かせて退散させることを狙いとしています。
続きを読む
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 09:58 | Comment(0) | 防犯ブザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。