総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

地震保険

地震保険
防犯対策 地震災害対策

さて、大事な家屋を守るために地震保険に入っておくことは大事な防災です。
加入者は年々増えています。
地震のあとは、家の修理費用、避難時や引越しの費用、日用品の購入費用など経済的負担が増えます。
このような場合に助けてもらえるのが地震保険です。

巨大地震災害へのカウントダウン~東海・東南海・南海地震に向けた防災戦略~阪神淡路大震災。死者の約8割は圧死でした。

地震対策万全ですか?


安心安全の専門店 TSSP.jp!!

では、具体的に、地震保険とはどんなものなのでしょうか?
地震、噴火、またはこれら起因による津波。
それによって起こった火災、損壊、埋没、流失による損害を補償する災害保険です。
対象となるのは、居住用の建物と家財です。
一般的に地震保険は、火災保険と付帯して契約します。
地震保険は、木造か木造じゃないか。
住んでいる地域などによっても値段が変わります。
一般的に、地震災害の可能性が高いほうが、保険料も高いのです。
災害後の補償については、家屋の状態によって変わります。
全損か、半損か、一部損かです。
一定基準以上の条件を満たした場合が支払いの対象です。
それぞれの判断基準については以下の通りです。

全損…主要構造部の損害額が時価の50%を超えたもの。
また焼失、流失した床面積が延床面積の70%を超えたもの。
半損…主要構造部の損害額が時価の20%以上50%未満のもの。
焼失、流失床面積が延床面積の20%以上70%未満のもの。
一部損…主要構造部の損害額が時価の3%以上20%未満のもの。
または床上浸水した場合。
同様に、家財に対する判断基準もあります。
全損…家財の損害額が時価の80%以上になったもの。
半損…家財の損害額が時価の30%以上80%未満のもの。
一部損…家財の損害額が時価の10%以上30%未満のもの。
地震保険は5年更新です。
新築割引などの割引制度もあります。
大事な家を守るためにぜひかけておきましょう。

必携 地震対策完全マニュアル

必携 地震対策完全マニュアル

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本





posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 09:24 | Comment(0) | 地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。