総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

耐震補強 家屋

耐震補強 家屋
防犯対策と地震対策

阪神淡路大震災。死者の約8割は圧死でした。

地震対策万全ですか?

安心安全の専門店 TSSP.jp!!

木造建築が多い日本では、耐震に対し特に強く意識が必要です。
いつ発生してもおかしくない大地震に備えて、耐震診断を受けてみることはとても大事です。
1981年6月1日施工された新耐震基準以前に建てられた建物には特に必要です。

耐震補強―地震に強い家を実現する改修のノウハウ (日経ホームビルダー 住宅現場手帖)

耐震補強―地震に強い家を実現する改修のノウハウ (日経ホームビルダー 住宅現場手帖)

  • 作者: 保坂 貴司
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: 新書



 国土交通省の基本方針では、平成27年までに9割の耐震補強を完了しているのです。
国や地方自治体も耐震診断を無料で行なうなど補助をしています。
また税金面でも、耐震補強をすると所得税や固定資産税が安くなるよう助けています。
地震保険が割り引かれたりもします。
自治体ごとで補助制度が違います。
お住まいの地方自治体にご確認の上、現在の我が家の状況把握を行うことをお勧めします。
対象診断家屋としては、木造在来工法2階建て以上であることです。
持ち家であることです。
昭和25年以降平成12年5月までに着工された建物であることです。
それ以降の建物は現在の法律の耐震基準を満たしたものを建築しています。
ですから、耐震診断は必要ないと思います。
耐震基準を満たしていなかった場合の補強方法としては。
地盤の悪さが原因ならば、地盤改良をします。
大元の基礎が問題ならば、基礎補修をします。
他にも壁、屋根、土台、柱など多くの要因が考えられます。
これら全て重要なものです。
基準以下なら早急に補修を行いましょう。
耐震診断を依頼する際は、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。
自宅に回ってきて、勝手に診断しどこが悪い、直したほうがいいと診断する業者は危険です。
必要のない補修をされてしまう可能性もあります。
十分注意して、業者を選びましょう。

プロが選んだ防犯&防災あります。TSSP.jp
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 09:10 | Comment(0) | 地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。