総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

防災グッズ【避難用】

防災グッズ【避難】
防犯対策と日本の防災

地震などの災害に備えて、防災グッズを避難袋などに保管して用意しておきましょう。
用意できたら、いつでも持ち出せる、家の中の外への脱出経路上において置きましょう。
それでは、避難袋にはどのようなものを入れたらいいのでしょう。
いくつか挙げてみます。
KAKURI 非常持出袋 リュック型 まずは避難袋について。
避難する際は、両手をフリーの状態にして避難したいものです。
障害物を除けたり、子供を抱いたりするからです。
ですから、肩掛けのリュック型が望ましいでしょう。
避難袋の中に入れるものとしては、まずは非常食です。



定番の「かんぱん」などは、保存期限も長く水や電気もない状態でも食べられるので必需品です。
非常食としては、他にもおかゆ、パン、お菓子など様々なものがあります。
かさ張り過ぎない程度に、3日程度の食料を確保できるといいでしょう。
 アシックスマルチ給水パック[サイズF][カラー5490:ターコイズ/ブラック] 次になんといっても大切なのが、水です。
ペットボトルなどに入って売られている長期保存可能な水。
それ以外にも、非常時に公園などの水を利用する際に水を持ち運べる手提げ型の給水パック。
浄水機能がついたものも便利です。
非常用 携帯ラジオ  GENTOS LEDライト 閃(セン) 【GENTOS 30周年記念モデル】 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間/フォーカスコントロール機能搭載】 SG-305
 携帯ラジオと懐中電灯。
非常時の情報入手源です。電池がなくても使用できる手動で充電可能な災害用ラジオなど便利です。
情報入手源の大事なものとして、携帯電話の充電器もかかせません。
携帯電話の電池はすぐになくなってしまいます。
電池式の充電器もありますが、いまは災害用に手動式の携帯充電器があります。
乾電池も入れておくといいでしょう。
少しでもいいので、利用頻度の高い単3や単4を持ちましょう。
電池でなければ動かないものもあります。
コクヨS&T 救急用品セット<防災の達人>(少人数タイプ) DRK-QS1D 簡単な救急セットも必要です。それと一緒にラップも大変役立ちます。
怪我などをした際にラップで巻きつけて止血することもできます。
小さいラップで大丈夫です。1本入れておきましょう。

コクヨS&T 救急用品セット<防災の達人>(多人数タイプ) DRK-QL1C

コクヨS&T 救急用品セット<防災の達人>(多人数タイプ) DRK-QL1C

  • 出版社/メーカー: コクヨ
  • メディア: エレクトロニクス



プロが選んだ防犯&防災あります。TSSP.jp
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 16:06 | Comment(0) | 子供の防犯対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。