総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の犯罪と声かけ

子供の犯罪と声かけ
防犯対策 セキュリティを考える

子供を持つ親の間では、地域の警察署や学校からの不審者情報が広く活用されています。その不審者情報の中で最も多い行為は「声かけ」です。「声かけ」は行為全体の4割を占め、次に「痴漢、露出」「つきまとい」「車への誘い込み」が続いています。


ベルト付 防犯アラーム (ブルー)

ベルト付 防犯アラーム (ブルー)

  • 出版社/メーカー: クツワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



実際の声かけの手口を調べると、その手口は巧妙化していることが分かります。
道を尋ねるふりをして子供に近づく方法は以前からよくある手口です。車へ近づいた子供が車へ引き込まれそうになるケースもあるため、車には絶対に近づかないことをよく言い聞かせておくことが大切です。
また小学校低学年頃までの子供には、お菓子やおもちゃを使って誘うケースがあります。さらに小学校高学年以上の子供には「芸能界」や「モデルスカウト」などの言葉を出して近づくケースも見られます。犯罪者は子供の心が動く言葉を巧み使い分け、隙を狙っていることを教えましょう。
また子供の名前を呼び、優しい口調で話しかけて子供を油断させる手口もよくみられます。近年発生した幼児の誘拐殺人事件でも、犯罪者が「家まで送る」という優しい言葉で誘ったことから起きたものでした。
このように声かけは凶悪犯罪につながる危険な行為です。子供にはどんな言葉を掛けられても、決して誘いに乗らないことをしっかり教えることが大切です。また声かけの手口は時代とともに変化しています。甘い誘いには乗らないことはもちろん、危険な誘い言葉を具体的な例をあげて子供に教えることが防犯となるでしょう。

ベルト付 防犯アラーム (ピンク)

ベルト付 防犯アラーム (ピンク)

  • 出版社/メーカー: クツワ
  • メディア: おもちゃ&ホビー




posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 15:25 | Comment(0) | 声がけをする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。