総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と名前

子供達は学校や家庭で防犯教育を受けているため、知らない人に声を掛けられて安易についていく子供はほとんどいないでしょう。しかし最近では犯罪者の手口は巧妙化し、子供が冷静な判断をできずに誘いに乗ってしまう事件が起こっています。
子供は相手が自分の名前を知っていれば、親の知り合いだと思うこともあります。知り合いのように気さくに話し掛けられれば、気を許してしまうのも無理はないでしょう。
犯罪者は子供のランドセルや手提げ袋、靴などに記入されている名前を見ています。以前は学校や園で「持ち物には全て見やすいところに名前を書くように」と子ども達は教えられていました。しかし子供を狙った犯罪が多い今日、分かりやすいところに名前を記入するのはとても危険なことなのです。ランドセルを始め子供の持ち物には、内側や裏面など見えないところに名前を書くことが防犯の基本です。名前の代わりに決まったマークなど目印にする方法もあります。
また子供の名前ばかりか母親や家族の名前を調べ、家族が事故に遭ったなどと偽って子供を誘う事件もあります。
家庭ではどんな場合でも知らない人にはついていかないことを徹底して教え、場合によっては防犯ブザーの利用や助けを呼ぶことを教えておくことが大切です。また自宅の表札に家族全員の名前を表示することも避けた方がよいでしょう。
子供の防犯で重要なことは、学校内や親しい関係でないところでは、子供や家族の情報を表に出さないようにすることだと言えます。
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 13:00 | Comment(0) | 子供の名前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。