総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と留守番

子供が成長するとともに、子供だけで留守番をする機会がやってきます。留守番は子供が自立するために必要な過程ですが、親は子供だけの留守番にさまざまな危険が伴うことを知っておく必要があります。
子供を安全に留守番させるためには、まず親が出掛けた後には必ず玄関を中から施錠させるようにします。来客があっても安易に玄関ドアを開けないこと、ドアホンなどで相手を確認し、知らない人や迷った場合には絶対に開けてないことが大切です。これまでにも子供だけの留守番中に宅配便を装った男に家へ侵入されるという事件が起こっています。
また電話が鳴った時の対応も大切です。留守番中には電話に出させないことも一つの方法ですが、相手に留守だと思われると犯行の対象になることも考えられます。ある程度電話の対応ができる子供ならば、相手に「親は手が離せない」などと伝えて「親が不在」ということを知らせないようするのも有効な方法です。
また自宅に帰宅する際には、例え誰もいなくても必ず「ただいま」と大きな声でいう習慣もつけておきたいものです。
何か不安なことが起こったらすぐに親の携帯電話に連絡するように教えておきましょう。
子供を留守番させる時に絶対に安全という環境を作ることは不可能なことです。できる限り安全に留守番させるためには、不審者に「家には子供だけではない」と思わせる工夫をし、施錠などの防犯対策をしっかりした上で、なるべく早く帰宅することが大切です。
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | 子供の留守番 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。