総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と地域

子供が被害に遭う犯罪が後を絶ちません。無力な子供を犯罪から守るのは大人の役目です。
防犯は家庭や学校を含めた地域全体が一つになって取り組むことが大切です。住民が一つになり協力しあっている地域に不審者は近づきにくいものです。
近年では日本でも防犯意識が向上し、地域の防犯活動が活発になりました。防犯ボランティア団体の数も年々増加し、中でも保護者によるボランティア団体の数は急激に増加しています。
地域の防犯ボランティアにより、登下校時の立哨や通学路のパトロール、通学路や遊び場の危険場所を改善するなどの取り組みが行われています。こういったボランティア団体による活動によって、子供と地域住民との繋がりが濃くなっていることは喜ばしいことです。
また地域の掲示板に防犯ポスターを掲示するなど、犯罪の発生や不審者情報を回覧板やメールで住民に知らせることも効果的です。地域の安全マップも防犯に役立ちます。
また全国的に広がっている子供110番の家も地域の重要な防犯となります。最近では設置に協力する家庭や店舗も増え、子供が地域全体で見守られる理想的な環境が実現しつつあります。
他にも地域での身近な防犯として、子どもの登下校時間に合わせて犬の散歩をする、自転車に防犯ステッカーを付けるといったこともあります。
子供を犯罪から守るためには地域の大人たちが子ども達を温かく見守り、安全に気配りすることが最も有効な防犯対策だといえるでしょう。
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 14:00 | Comment(0) | 地域活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。