総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と子供110番の家

今、街を歩くと「子供110番の家」と表示されている家をよく見掛けます。子供110番の家とは、登下校時や外出時に危険な目に遭った時に助けを求める場所で、警察や自治体の防犯対策として設置が推進されています。
子供110番の家は、平成6年に岐阜県で下校途中の小学生が殺害された事件を受けて同県の小学校区から始まった防犯活動です。現在では全国的に広がり、その数は200万か所以上に上ると推定されています。通学路や遊び場に近い場所を中心に、必ず誰かが在宅し、非常時に対応できる家庭に協力を求めて設置されているものです。
子供110番の家の役目は、子供が助けを求めた時に子供から状況を聴き、状況に応じて家庭や警察、学校などへ連絡し、保護者が迎えに来るまで子供を安全に預かるというものです。現在ではコンビニエンスストアやガソリンスタンド、スーパーなどの店舗にも協力店が増えています。子供110番の家は玄関や門などに分かりやすいように表示板がかけられているため、予め何処にあるかを知っておくことが大切です。
子供110番の家の設置の目的は、地域全体で子供達を見守っているということを不審者にアピールし、不審者が近づきにくい地域を作ることが一つにあります。そして子供達は地域全体で見守られているということによって、安心して行動することができます。
実際の防犯効果は測ることができませんが、このような活動がさらに広がり、子供が安全に暮らせる環境が実現することが望まれています。
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 17:00 | Comment(0) | 子供110番の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。