総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と学校

学校において教員や子供が被害に遭う犯罪が増加しています。子供達が集まる学校内での犯罪は、直接的な被害者はもちろん、周囲にいた子供達も心に大きな傷を負います。未来のある子供達のために、学校が安全であることは何よりも重要なことです。
学校の防犯は自治体や教育機関によってさまざまな取り組みが行われています。学校にいる子供達を守るためには、まず不審者を校内に入れないことが第一です。そのためには防犯カメラを取り付ける、玄関や校門の施錠を徹底する、関係者が校内へ入る場合には証明書などを首から下げるなど、保護者や関係者への協力を求めながら取り組む必要があります。
安全マニュアルの作成や防犯機器、安全システム、緊急通報システムなどの導入は高い効果が期待できますが、現実には運用訓練が足りなかったり、システムのスイッチが切られていたりして、いざという時に活用できていない場合が多いようです。緊急時に慌てずマニュアルやシステムを活用するためには、日頃からの訓練を積んでおくことが大切です。
最近では不審者が出没すると保護者の携帯電話に不審者情報メールが送信されるサービスが学校や自治体によって普及しています。また、登下校時のPTAや地域ボランティアよるパトロールも効果を得ています。さらに学校の授業に「防犯」を取り入れるようになった自治体もあります。
学校の安全神話が崩れかけている今、地域や保護者の協力のもとで地道に防犯に取り組むことによって再び安全な学校を築かれることが期待されています。
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 15:00 | Comment(0) | 子供の防犯と学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。