総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と防犯カメラ

子供を犯罪から守るためには防犯カメラも有効な手段の一つです。防犯カメラは犯罪が起きた時に犯人を特定するという役割だけではなく、犯人に犯行を踏み留ませる役割もあります。カメラに見られているとわかったら、誰しも犯行はできなくなります。
防犯カメラといえば、かつては銀行やコンビニなど犯罪の多い場所で設置される特別な装置でした。しかし現在ではあらゆる店舗やエレベーター、マンションなど、街のいたるところで防犯カメラが設置されています。
防犯カメラは小中学校でも設置が進んでいます。これまでに学校に不審者が侵入し、子供や教師が命を奪われる事件が何件も起きています。また通学路では連れ去りなどの犯罪や不審者の出没が頻繁に起こっています。子ども達が毎日通う学校や通学路は安全でなければなりません。しかし実際には安全とはほど遠く、どんな犯罪に遭う可能性も否定できないのです。そこで学校では校門などに防犯カメラを設置し、防犯に取り組んでいます。
また幼稚園でも防犯カメラが設置されるようになっています。これは親へ園の様子を画像で送るサービスを兼ねている場合も多く、幼い子供を持つ親にとっては安心です。
防犯カメラは普及したものの、常に行動を監視しされているようで決して気持のよいものではありません。しかし犯罪から子供を守るための有効な手段であり、今や子供を持つ親にとって防犯カメラは安心材料の一つとなっています。安全な社会のために防犯カメラを求める声は多く、今後はさらに設置場所が増えていくかもしれません。
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 12:00 | Comment(0) | 防犯カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。