総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と通学路

子供を狙う犯罪は下校の時間帯に最も多く発生しています。学校から集団下校で帰途につき、家が近い子供からだんだん抜けて集団が小さくなっていく下校時間には、どうしても子供が一人になる時間が出来てしまいます。特に体も小さく体重の軽い小学生は、不審者に狙われやすい条件がそろっています。最近では下校時間だけではなく、登校時間にも犯罪が起こっているため注意が必要です。
こういった現状から、全国で地域や学校によってさまざまな防犯対策が行われています。警察庁の調査では、徒歩の防犯パトロールをしている地域は8割以上、通学路で子供の保護を行っている地域は6割以上に上るということです。
また、ある自治体では教員と保護者が付きそって集団下校をするとともに、低学年は毎日下校時に最後の一人が帰宅するまで教師が引率しています。さらに地域のボランティアが通学路を見回り、子供達の下校を見守っています。
別の自治体では町のバスを子供達が登下校時に無料で利用できるように配慮しています。自宅の近くで乗り降りできるため、高い防犯効果が期待できます。
学区の不審者情報メールを配信している地域も増えています。また安全マップによって通学路の危険場所を改善する動きもみられます。
子供達が毎日歩く通学路は安全でなければなりません。防犯のために大人が出来る事の一つは、不審者に隙を与えない環境をつくることです。地域全体で防犯に取り組み、通学路の安全を取り戻したいものです。
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 10:00 | Comment(0) | 通学路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。