総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と安全マップ

子供の防犯として安全マップを活用する方法があります。安全マップとは地域の危険場所や注意すべき場所を地図上に示したもので、学校や自治体、市町村単位で作成されています。
大人の視点で危険場所を示した安全マップも重要ですが、それとは別に実際に子供の足で地域を歩いて安全マップを作成することもお勧めです。
大人と一緒にあらゆる危険を予測しながら地域を歩き、自分で安全マップを作成する過程は、子供にとって効果的な防犯教育となるでしょう。
安全マップを作成するにはまず市販の地図や自分で作成した地図を用意します。通学路を中心に普段よく遊ぶ場所などを実際に歩き、犯罪が起きやすい場所を探します。犯罪が起きやすい場所には人通りが少ない道や暗い場所、過去に事件や事故が起きた場所、見えにくい場所、落書きが多い場所などがあげられます。さらに路上駐車が多い道路も不審者が出没しやすい場所です。歩きながら気づいたことをメモに取り、危険な場所を写真で撮っておきましょう。
次に緊急時に助けを求めることができる場所を探します。交番やコンビニ、子ども110番の家などはいざという時に逃げ込むことができる場所です。
そして調査したことを安全マップに書き込みます。記号やイラストを使い、必要に応じて写真やメモを活用すると分かりやすいでしょう。
子供の視点で作成した安全マップは、子どもの防犯意識を高めるとともに、自治体のパトロールや地域の環境改善にも役立ちます。
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 11:00 | Comment(0) | 安全マップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。