総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と防犯ブザー

子供の防犯対策として防犯ブザーを持たせる方法があります。防犯ブザーとはストラップを引っぱるなどの簡単な操作によって大音量を発信する小さな装置です。痴漢や不審者が近づいた時に危険を周囲の人に知らせ、相手を驚かせて退散させることを狙いとしています。
かつて防犯ブザーといえば女性の夜道の一人歩きには必需品とされていたものです。子供を狙った犯罪が増加し、子供の防犯が重要な課題になっている現在、簡単な操作で比較的高い効果が期待できる防犯ブザーが子供の必須アイテムとなりつつあります。また防犯対策として子供に配布している小中学校も増えています。
防犯ブザーの需要が高まるとともに、販売される防犯ブザーも多様化しています。シンプルなデザインのものから人気キャラクターのもの、ライト付きやゲーム付き、また万歩計がついている多機能なものまで販売されています。
子供の防犯ブザーを購入する際には機能やデザインにとらわれず、防犯ブザーの目的を優先することが大切です。それにはまず十分な音量であるかどうかを確認することです。市販のものには実際に鳴らすと音が小さかったり、携帯電話の音色と似ていたりするものがあります。購入する際に実際に鳴らして確認するとよいでしょう。
日本では国の防犯対策の一つとして防犯ブザーの性能基準を設定しています。
保護者は子供が日ごろ防犯ブザーをおもちゃ代りに鳴らさないように教育をし、いざという時に効果を発揮できるように電池の消耗や故障にも注意しておくことが大切です。
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 09:58 | Comment(0) | 防犯ブザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

 






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。