総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事

子供の防犯と防犯グッズ

防犯対策 セキュリティーを考える 子供の防犯
子供の防犯と防犯グッズ
http://kodomonotenarai.seesaa.net/article/114934321.html



キーリング付コンパクト催涙スプレー
続きを読む
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 11:50 | Comment(0) | 防犯グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間性心理学

心理学を学ぼう
人間性心理学
http://sinrigakunyumon.seesaa.net/article/114800353.html
1206jpg


posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 09:53 | Comment(0) | 犯罪心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯モデルマンション

防犯対策 セキュリティーを考える
防犯モデルマンション

空き巣などの犯罪にあいにくい構造や、設備の基準を超えているマンションを防犯モデルマンションといい、各地の防犯協会連合会がその認定・登録をしています。
審査基準は、警察庁と国土交通省が定める「防犯に配慮した、共同住宅の設計指針」をもとにしたもので、数十箇所のチェックが課せられています。
審査は一級建築士や、防犯設備士によって行われます。
申請を受けて、審査の結果、基準にそっていたら、登録証(プレート)が配布されます。
1999年に広島県がはじめました。
今では、静岡、大阪、京都、北海道、大分、奈良などでも行われています。
基準は
マンションエントランス.JPG  
・外部から侵入されにくい構造
・共用部分の見通しが良い構造
・エレベーターに非常通報装置、防犯カメラが設置
・駐車場の明るさ保持などの盗難防止
・ピッキングされにくい錠と補助錠の設置


などです。

実際に防犯モデルマンションに入居した住民にアンケートを行った結果がありますが、防犯モデルマンションだから購入したという理由が68%と防犯に期待をよせる結果となっています。
入居後も、ロビーに防犯カメラとディスプレイがあるので、空き巣が入りにくい、廊下・駐車場などの夜間照明が明るいので効果がある、
ワンドアツーロックに安心感がある、などの防犯に効果あるという結果が出ています。
そうはいっても、誰が入居者かわからないなどという不安の声もあるので、防犯モデルマンションだからといって絶対に安心というわけではありません。
しかし、マンション購入の際には、こういった防犯対策への取り組み状況をふまえて購入を検討されてもよいのではないでしょうか。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 10:05 | Comment(0) | 空き巣対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯カメラの記録方法

防犯対策セキュリティーを考える
防犯カメラの記録方法




VFレンズ搭載ドーム型カラーカメラ+
デジタルレコーダーセット「DS-211DS」

防犯カメラには記録機能が付いていて、映像や画像を記録します。今ある防犯カメラの多くはこのタイプだと思います。また記録は出来ないけど今現在の状態を、モニターを通して見るタイプの物もあります。
下記に色々な映像や画像の記録方法がありますので参考にしてみて下さい。

【HD(ハードディスク)レコーダー】
機械本体のハードディスクを使って記録するので、ビデオテープのような毎日テープを交換すると言う手間を省く事が出来る様になります。またデジタルに記録していますのでテープが伸びてしまってダメになったなどの劣化が殆ど無い事になります。
このハードディスクを使った記録方法は現在、防犯カメラの主流となっています。何故なら便利だし、画像も綺麗だしと言う事が挙げられると思います。

【ビデオデッキ】
市販されているビデオテープに記録するタイプの物で、ハードディスクが出始める迄は主流の防犯カメラのタイプでした。
ビデオテープに録画する為に何度も同じテープを使ってしまい、劣化もしてくると画質も衰えてくるようになります。また、テープが無くなったら入れ替えしなくてはならない為に手間もかかっていた様です。

防犯カメラで記録を撮ると言う方法は上記2つの方法に分かれると思うのですが、その他にも映像ではなく、瞬間を押さえるデジカメみたいな方法の物もあります。
また、どこかに設置するタイプのカメラではなく、携帯出来るようなコンパクトな防犯カメラの場合にはSDカードみたいな媒体に記録すると言う方法もあるみたいです。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 09:38 | Comment(0) | 防犯カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯カメラの基本的な性能について

防犯対策 セキュリティーを考える
防犯カメラの基本的な性能について



防滴・暗視機能付き防犯カメラ

防犯カメラの基本的な性能について説明します。利用用途や設置場所と照らし合わせ、より良い性能の防犯カメラを選びたい物だと思います。

また、防犯カメラだけに限った話ではありませんが、高性能になる程金額も高くなっていきますので、そこは確認しておく必要があると思いますし、別に購入をしなくてもレンタルで充分な場合もありますのでよく検討してみて下さい。
以下に性能について説明してみますので、参考にしてみて下さい。
【白黒 or カラー】
これは基本的な性能の一つだと思うのですが、防犯カメラの映像・画像がカラーであるのか白黒であるのかと言う事を指しています。
【暗視】
防犯カメラに暗視機能が付いているかどうかは大きな問題だと思います。犯罪は得てして夜に起こりやすいです。ですから暗い場所でも撮影できるタイプのカメラが必要になるのです。遠赤外線や高感度CCDカメラを使用して撮影される事になります。
【遠隔操作】
防犯カメラを付けた場所1ヵ所のみを撮影するのではなく、カメラの角度を切り替えて色んな角度から映すようにしたり、ズームアップなどの機能が遠隔で操作できるようになっています。
【画像の転送】
防犯カメラで撮っている内容をパソコンや携帯の画面から見る事が出来るタイプの防犯カメラです。いつでも確認が出来ると言うメリットもあります。また、異常をカメラが感知した時点で携帯メールやパソコンに画像でお知らせしてくれると言う機能もあります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 12:47 | Comment(0) | 防犯カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯と防犯教育

防犯対策とセキュリティーを考える
子供の防犯と防犯教育



キーチェーンアラーム

位置情報子供が犯罪に巻き込まれないためには、大人が安全な環境を整えると同時に、子供自身にしっかりと防犯意識を持たせることが大切です。
そこで重要なのが家庭や学校での防犯教育です。最近では小中学校で防犯ビデオやDVD、パソコンソフトなどによる防犯教育が行われています。中には実際に危険が起こった場面をシミュレーションした実践的な訓練が行われている学校もあります。今や防犯教育は地域や教育機関において最も重視されている課題なのです。
家庭においては日頃から「知らない人にはついていかないこと」と幼児期からしっかり言い聞かせておくことが防犯教育の基礎となります。常に親と一緒に行動する幼児期でも、買い物や人の多い外出先で、少し目を離した瞬間に子どもに危険が忍びよる可能性も考えておかなければいけません。
また小学生になると子供だけで外出する機会が急激に増え、行動範囲も広がります。学校や親から防犯グッズを持たされる子供が増えていますが、位置情報防犯グッズをおもちゃ代わりにしないよう正しい使い方をしっかり教えておくことが必要です。そして日頃から近所の子供と一緒に登下校し、緊急時には大人の居る場所や子供110番の家へ逃げて、助けを求めることも教えておかなければいけません。
日本は他国と比べてまだ防犯意識が低い国だと言われます。子供たちを犯罪から守るためには日頃から大人とともに防犯を実践し、「自分の身は自分で守る」という子供の防犯意識を高めることが最も大切なことです。

催涙スプレー&スタンガンならアキバガレージ本店へ!秋葉原ってこういうのもあるんですよ〜。
posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 11:29 | Comment(0) | 子供の防犯と学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子供の防犯と携帯電話

防犯対策 セキュリティを考える
子供の防犯と携帯電話

防犯のために子供に携帯電話を持たせる親が急増しています。ある調査では小学生の5人に1人が携帯電話を持ち、高学年に上がるほどその数は増えるという結果が出ています。
その割合は小学5年生では3割、6年生では4割弱の子供が携帯電話を持っているということです。
ここ数年、子供の防犯を目的とした携帯電話が競って開発されています。
子供用の携帯電話は防犯機能として防犯ブザーやGPS機能などが搭載されているのが一般的です。子供の携帯電話.jpg
 GPS機能とは人工衛星からの電波によって、緊急時に子どもの居場所をメールや音声通知で知らせる機能です。また子供の携帯電話の電源が切れた時、画像や位置情報を親の携帯電話へ送信するなど高度な機能が搭載されているものもあります。
さらに防犯ランプを点滅して周りの人に異常を知らせ、使いすぎやメールを制限するなどの機能も向上しています。
携帯電話が防犯に活用される一方で、子供が携帯電話をインターネット端末として使用し、有害サイトへアクセスする危険性も指摘されています。実際にこれまでも有害サイトへのアクセスが思わぬ被害を招く事態が起こっています。そのため子供用の携帯電話では有害サイトへのアクセスを制限する機能も人気があります。
子供に携帯電話を持たせる時には携帯電話の危険性について親がしっかり教えることが大切です。そして家庭でルールを決めて必ず守らせるようにします。ルールを守れば携帯電話は有効な防犯グッズであり、今後も子供の安全を守るアイテムとしてますます普及していくでしょう。

高校生プロゴルファー「石川遼選手」も使っていた【9年間】「月刊ポピー」


posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 09:48 | Comment(0) | 防犯ブザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防犯カメラの種類について

防犯対策 セキュリティ
防犯カメラの種類について


防犯カメラには様々な種類のカメラがあるってご存知でしたか?
何故なら防犯カメラを設置する場所、防犯カメラを設置する目的等、使う側の利用用途に対応させているからです。

下記にどんな種類の防犯カメラがあるか挙げてみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

【箱型防犯カメラ】
一番シンプルでオーソドックスなカメラで、形はいかにも防犯カメラと言う様な四角い箱型の形をしています。このタイプのカメラには先端にレンズが付いていて、パッと見ただけで防犯カメラだと言う事が分かるので威嚇をする意味でもただ付けておくだけでも効果があります。

ドーム型】
デザインは箱型と違っていかにも防犯カメラです。と言う様な形はしていなく、丸い形をしているカメラです。よく銀行やコンビニなんかで見掛けるタイプのカメラになります。このドーム型のカメラにはマイクが内蔵されているタイプのカメラもあるようです。

【小型】
このタイプは超小型で手の中にすっぽり収まってしまう位小さいです。メリットとしては持ち運びが簡単な事、本体に映像と音声を記録出来る機能が付いていると言う事、デメリットは数時間しか撮影が出来ない為に長時間の撮影には向かないと言う事です。

上記の様なカメラの他には無線タイプのカメラ、防水タイプのカメラ、屋外に付ける事が出来るカメラ、カメラ機能は無いけどダミーに出来る偽物カメラなど多数あります。使う目的に合わせてどの形のカメラがいいか選んでみましょう。




≫明細はここ




posted by 防犯対策 地震対策 記録の細道 at 10:08 | Comment(0) | 防犯カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 






広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。